ふるさと納税

ふるさと納税の返礼品でもらえるドライブレコーダーまとめ

返礼品のドライブレコーダー

 

ふるさと納税の返礼品として「ドライブレコーダー(ドラレコ)」をもらえるのをご存知ですか?

あおり運転が社会問題になっていることを受けて、その防衛策としてのドライブレコーダーが好調なの売上を記録しているようです。

ドラレコ売り上げ好調 「あおり」備え - 読売新聞(2019年8月24日)

世論の高まりを受けて警視庁も本腰をあげて対応を進めており、全国で摘発件数も増加傾向にあるようですね。ただ、どれだけ厳罰化をしても飲酒運転のようになくなることはないでしょう。

危険!あおり運転等はやめましょう - 警察庁

さすがに自分自身があおり運転の加害者になることはないにしても、その被害者になるリスクは運転する以上は常に潜在しています。これがドラレコが飛ぶように売れている理由でしょう。

ということで、今回はあおり運転に対する自衛策の一つであるドライブレコーダーについて、ふるさと納税の返礼品として用意している自治体・寄附金額・還元率についてご紹介したいと思います。少し厳しめに見ても好条件な還元率の商品もあるので、欲しい人は在庫があるうちに手に入れておくことをオススメします。

ふるさと納税の返礼品に家電製品はレア

まず、ドライブレコーダーの話云々よりも前に、そもそも「ふるさと納税」で電化製品・家電製品が返礼品は皆無であることを頭に入れておいてください。ほとんどのふるさと納税サイトは家電自体を取り扱っていません。

そのため、ドライブレコーダーのような電化製品があるのは非常にレアで、品切れの場合に在庫補充される保証もありません。自治体が「総務省に目をつけられるかも」と思った時点で終了です。

 

「ふるなび」が撤退したら最後

そんな納税サイトが取扱いに二の足を踏む家電ですが、今のところ「ふるなび」だけは家電も積極的に取り扱っています。

そのため、必然的にドライブレコーダーも「ふるなび」で探すことになります。

ふるなび

ふるさと納税の税制優遇から除外された4つの自治体も、全て「ふるなび」で無茶をしていました。総務省を激怒させた「日本旅行券(高野町)」「JCBギフトカード(小山町)」「JTB旅行券(みやき町)」などの金券は全て「ふるなび」の独占案件でしたね。

「ふるなび」は寄附金額の3%をAmazonギフト券で還元してくれるキャンペーン中(2019年6月20日~終了未定)なので、ドライブレコーダーでなくても、同じ自治体・返礼品の寄附なら「ふるなび」を優先的に使うことをオススメします。

 

ドライブレコーダーも人気返礼品に

返礼品に家電を取り扱っている「ふるなび」のランキングでは、早くもドライブレコーダーが人気上位に入ってきています。

在庫が補充されるかは分からないので、欲しい人は返礼品のリストから消える前に寄付しておきましょう。人気返礼品が前触れもなく突然消えるのはいつものことです。

ふるなびランキング上位のドライブレコーダー

ちなみに、ふるさと納税サイトのランキングは返礼品選びで非常に参考になる情報です。基本的にランキングにある返礼品は、「その時点で最もお得な返礼品」と思って間違いありません。

ふるさと納税の寄附先を選ぶ方法
もう失敗しない!ふるさと納税の返礼品選びに迷ったときの探し方

続きを見る

ドライブレコーダーに関わらず、各ふるさと納税サイトの人気ランキングで返礼品を選ぶのもオススメです。

 

返礼品でもらえるドライブレコーダーと自治体

それでは本題のドライブレコーダーをもらえる自治体ですが、2019年8月現在では神奈川県海老名市のみとなっています。あのサービスエリアで有名な海老名ですね。

返礼品として用意されているのは、この海老名市に本社を置くOwltech(オウルテック)という企業のドライブレコーダーです。

ドライブレコーダー 一覧 - Owltech(オウルテック)

オウルテックという会社を耳にしたことがない人もいるかも知れませんが、1992年創業でカー用品・オーディオ機器・OA機器などの企画・開発・製造を手がける国内メーカーです。

ハイエンドモデルドライブレコーダー OWL-DR701G

ドライブレコーダーではありませんが、薄くて大容量ということでモバイルバッテリーの評判が良い企業でもあります。

 

必要な寄附金額と還元率

今のところ唯一存在している海老名市のドライブレコーダーですが、商品別に必要な寄附金額Amazonでの販売価格は以下のとおりです。

返礼品寄附金額Amazon価格
OWL-DR06-BK43,000円16,000円
OWL-DR04-BK32,000円7,100円
OWL-DR701G58,000円17,798円

Amazonでの販売価格を基準にして還元率を計算してみると、それぞれ下記のような還元率になります。

返礼品還元率
OWL-DR06-BK37%
OWL-DR04-BK21%
OWL-DR701G31%

地方税法が改正された2019年5月からは「返礼品の還元率は3割以内」というルールがありますが、Amazonでの実勢価格をベースにしても還元率3割を超える水準もあります。基本的にAmazonは定価よりも安い価格で販売していることを考えると、定価基準にした場合は還元率がさらに上がるという計算になりますね。

もちろん、「ふるなび」での寄付は寄附金額の3%がAmazonギフト券でプレゼントされるので、返礼品とは別に 960~1,740円相当のアマゾンギフト券も受け取ることができます(エントリーなどは不要)。

返礼品のルールが厳しくなった今でもトータルでの還元率も好条件なので、海老名市のドライブレコーダーは返礼品の候補としては悪くない選択肢だと言えるでしょう。

 

寄附する場合は早めに行動しましょう

2019年8月現在、ドライブレコーダーの返礼品は海老名市のみです。これから増える可能性もありますが、ドライブレコーダー自体が返礼品から消えてしまう可能性もあります。

返礼品のラインナップや在庫助教は常に変動するので、最新の情報を確認するようにしましょう。「ふるなび」で用意されされているドライブレコーダーの検索結果は、下記から最新の情報を確認することができます。

 

常に返礼品の動向をウォッチしている個人の一意見として、「ドライブレコーダーを返礼品に追加する自治体は増えない」ですが「品切れしても在庫は補充される」だろうと予測しています。

昨年から何度も書いていますが、ふるさと納税サイトから返礼品が消えるのは予兆もなく一瞬です。「また週末に」「後で」と思うと残念なことになりかねないので、希望する返礼品があるなら早めに行動することをオススメします。

リストから消えた返礼品(ふるなび)

注目が集まると、良くも悪くも動きがあるのが返礼品(自治体)の特徴でもあります。

 

 

-ふるさと納税
-

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2019 All Rights Reserved.