ふるさと納税

2月28日まで!「ふるなび」でAmazonギフト券コード還元キャンペーンが開始

投稿日:2019年2月9日 更新日:

ふるなび(ふるさと納税サイト)のロゴ

2019年2月8日から、ふるさと納税サイトの「ふるなび」でAmazonギフト券コードが最大3%になるキャンペーンが開始しました。

Amazonギフト券 コード還元キャンペーン - ふるなび

「ふるなび」では通常でも寄附金額の1%が還元されているので、この「Amazonギフト券コード還元キャンペーン」で1~2%が上乗せされるということですね。

あまり大きな還元ではない印象を受けるかも知れませんが、高還元率の返礼品が消えかけの時期にこそ活用するべきチャンスです。ふるさと納税を規制する地方税改正が閣議決定されたので、「高還元率」が消えることは確定事項です。

返礼品 寄付額の3割以下 ふるさと納税規制 閣議決定 - FNN PRIME

 

また、2019年2月9日現在、ふるさと納税サイトではキャンペーンが皆無な状況なので、キャンペーンがあること自体に感謝しないといけませんね。

ふるさと納税の返礼品
少しでもおトクに!2019年ふるさと納税サイトの特典・キャンペーンまとめ

続きを見る

 

昨年も「ふるなび」を使った人は、自分で受け取り手続きをしないといけません。せっかくのAmzonギフト券コードをもらい忘れないようにしてください。

ふるなび(ふるさと納税サイト)のロゴ
ふるさと納税の「ふるなび」でamazonギフト券コードをもらい忘れていませんか?

続きを見る

 

そこで今回は、このキャンペーンにある「最大3%」というキャッチフレーズの注意点と、「ふるなび」のキャンペーンだからこそ大きな意味があるということを説明しておきたいと思います。

「ふるなび」のAmazonギフト券コード還元キャンペーン

キャンペーンの中身の前に、今回のキャンペーンは活用すべき人無視するべき人に分かれるので、まずは自分がどちらに該当するかを確認してください。

ふるなび Amazonギフト券コード還元キャンペーン

 

このキャンペーンを活用して寄付すべき人は?

それでは、今回のキャンペーンを活用して寄付するべき人についてです。

キャンペーンを活用するべき人

  • 高還元率の返礼品を狙っている人
  • 今じゃないといけない(季節性のある)返礼品を狙っている人

上記のどちらにも当てはまらない人は、今回のキャンペーンを理由に寄付を急ぐ必要は全くありません。

 

まずは「高還元率の返礼品を狙っている人」が活用すべき理由です。

これは分かりやすく、高還元率の自治体がいつ消えてもおかしくない状況なためです。もはや消滅寸前のため、少しでもお得に寄付できるタイミングがあるなら、それを活用するに越したことはありません(色々な動きを見る限り、3月31日が高還元率のXデーになる気がしています)。

ふるさと納税で日本を元気に!
続々撤退!ふるさと納税で残る高還元率な自治体一覧(2019年2月)

続きを見る

 

次に「今じゃないといけない(季節性のある)返礼品を狙っている人」が活用すべき理由ですが、これは「今が寄付するタイミング」なのであれば、純粋にキャンペーン期間中に寄付したほうが得だという単純な話です。

今が旬な返礼品を狙っているなら、通常より上乗せしたAmzonギフト券コードをもらえるキャンペーン期間中の寄附が良いでしょう。反対に、いつでも返礼品としてもらえるものであれば、高還元率でない限りは急ぐ必要ありません。

 

Amazonギフト券コードが「最大3%」の注意点

次に、今回のキャンペーンで勘違いしないようにしたい注意点です。

Amazonギフト券コード還元キャンペーンの利用条件

今回のキャンペーンは、上記3つの条件を満たせばAmazonギフト券コードが +1%(合計2%分) になります。

キャンペーンの「最大3%」というのは、「ふるなびクラウドファンディング」なら「さらに追加で +1%」ということです。「最大3%」というのは、クラウドファンディング以外に無関係の話ということですね。

今回のキャンペーンは下記のような構成になっています。

  • 通常1%還元
  • キャンペーン条件達成で+1%還元
  • 「ふるなびクラウドファインディング」で+1%還元

「ふるなびクラウドファインディング」は返礼品を求める人には目的が違うので、返礼品を狙っている人が使うことはないでしょう(本来はクラウドファンディングのほうが制度の趣旨には合っていますが…)。

そのため、普通の「ふるさと納税」をするのであれば、Amazonギフト券コード2%の対象ということになります。

 

キャンペーンで最優先に考えるべき自治体

最後に、今回のキャンペーンを活用しようとする場合、最優先に寄付を考えるべき自治体の話です。

何度か紹介していますが、今の「ふるなび」で最優先すべきは新潟県燕市(つばめし)です。

燕市の人気返礼品ランキング(ふるなび)

そもそも「高還元率」が消えかけている中で、ふるさと納税で「高還元率」かつ「家電(電化製品)」を返礼品にしている最後の自治体です。さらに「ふるなび」独占案件なので、キャンペーンを活用する最優先の選択肢になります。

 

ということで、今回の「ふるなび」のキャンペーンは、「ふるなび」が独占している自治体かつメリットのある返礼品を最優先に考えましょう。他のサイトでは実現できません。

もし検討している返礼品がある場合、早めに行動することをオススメします。

ふるさと納税の返礼品
ふるさと納税で「高還元率な家電」の返礼品は新潟県燕市を残すのみ

続きを見る

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。この記事が少しでもお得な「ふるさと納税」のお役に立てば幸いです。

-ふるさと納税
-

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2019 All Rights Reserved.