ふるさと納税

再開!ふるさと納税で話題の「さのちょく」を使うべき人・使うべきでない人

更新日:

泉佐野市ふるさと納税特設サイト「さのちょく」

 

大阪府泉佐野市の「さのちょく」は2019年3月31日で予定通り閉店しました。

 

大阪府泉佐野市が運営するふるさと納税サイトさのちょくで、「100億円還元 閉店キャンペーン!」というAmazonギフト券コードをバラまく企画を実施中です。

メディアの報道もあって、一時はサーバーがダウンするほどの過熱ぶりでした。

地方行政を所管する総務省・総務大臣からの圧力にも負けず、泉佐野市民にとっては非常に頼もしい自治体でしょう。

総務省こそ「身勝手」=ふるさと納税で反論-大阪府泉佐野市 - 時事通信(2019年2月12日)

今回は、そんな賛否両論の物議を醸している「さのちょく」について、キャンペーン内容や注意点、どう使うことで本当におトクなのかをご紹介したいと思います。

当然、「使わない」というのも一つの選択肢です。日に日に返礼品の在庫切れも増えて、ネット上でも「欲しいものがない」という声も増えているようですね。

「さのちょく」の 100億円還元 閉店キャンペーン!の注意点

実施している泉佐野市のキャンペーンは、分かりやすく「返礼品に加えて寄附金額の10%または20%をAmazonギフト券コードで還元する」というものです。

100億円還元 閉店キャンペーン

タダでもらえるなら20%還元のほうが絶対におトクですが、Webサイト上では20%還元の返礼品は「5月以降の配達月を指定」となっています。

ただし、これは単純な配送時期だけの問題ではないので、きちんと「返礼品・還元の内容」も確認しておきましょう。

20%還元の返礼品は割高で選ぶ経済合理性はありません

まず何よりも大切なのは、20%還元の返礼品は10%還元に比べて1.5倍の寄附金額が必要になっているということです。

全く同じ内容の返礼品に対して、必要な寄附金が50%割り増しされています。5月以降の配送になる話が霞むほどの悪条件です。

泉佐野市に寄付したことがある人は分かると思いますが、泉佐野市は常に寄付が殺到しているため、基本的に返礼品の配送が遅いです。2019年2月14日現在、昨年12月中旬のティッシュ60箱が未着です。

 

さすが大阪商人といったところで、これは経済合理性以外のところを突いてでも寄付を集めようとする戦略ですね。

具体的な返礼品で見てみると、下記のようなプライシングとなっています。

返礼品還元コース寄附金額ギフト券
エリエール ティッシューキュート
5箱×12P
10%還元 10,000 円 1,000 円分
20%還元 15,000 円 3,000 円分
AM02-H115_0024
LaQベーシック801
10%還元 24,000 円 2,400 円分
20%還元 36,000 円 7,200 円分

箱ティッシュ60箱の場合、10%還元の場合は「寄付金10,000円で返礼品+Amazonギフト券コード1,000円分」ですが、20%還元の場合は「寄付金15,000円で返礼品+Amazonギフト券コード3,000円分」です。

20%還元の場合、同じ返礼品をもらうのに1.5倍のお金を払って、払った総額の20%をギフト券で受け取ることになります。

「3,000円のAmazonギフト券」と言うと聞こえはいいですが、経済合理性を考える場合は「5,000円多く払って2,000円分だけ多くギフト券をもらう」という見方が正しいです。

分かりやすくするために、10%還元と20%還元の寄付金額を揃えると下記のようになります。

還元コース寄附金額返礼品ギフト券
10%還元 30,000 円3口15,000円相当 3,000 円分
20%還元 30,000 円2口10,000円相当 6,000 円分

20%還元は寄付金が1.5倍になるため、10%還元と同じ金額では返礼品の口数が減ってしまいます。そのため、金額を揃えると返礼品とギフト券の合計で20%還元コースが必ず低くなります。

上の表では返礼品の還元率を50%で計算していますが、これは過去記事で調べた泉佐野市の還元率の平均です(生鮮食品除く)。

大阪府泉佐野市ロゴマーク
静岡県小山町が返礼品を全面見直し!高還元率は大阪府泉佐野市が最後の砦です

続きを見る

 

返礼品よりAmazonギフト券が欲しいなら20%還元もアリ

ということで、このキャンペーンの重要なポイントは以下のとおりです。

  • 基本的に10%還元だけから返礼品を選ぶべき
  • 20%還元は「返礼品よりもAmazonギフト券が欲しい人」だけが選ぶべき(経済合理性はなし)

基本的に経済合理性(金銭的に得をする)ことよりも、「返礼品よりもAmazonギフト券が欲しい」という人が20%還元を使うべきで、「配送が5月以降のほうが都合いい」という理由ならば少し注意が必要です。

というのも、今から寄付しても返礼品が4月中に届くかは非常に怪しいです(個人的には4月中に届いたら運がいいレベルだと思っています)。このまま予定通り3月末までキャンペーンが続く場合、3月下旬の注文は相当高い確率で5月以降の到着になるでしょう。

泉佐野市「さのちょく」のキャンペーン特典内容

また、あえて「合理的」とは書かずに「経済合理性」という表現をしていますが、「Amazonギフト券でもらっておきたい」というのも十分に合理的な判断だと思います。

結局、人は自分の中で合理的な判断をしているものなので、数字のおトク感よりもAmazonギフト券の額面を優先するのもアリでしょう。しつこいですが、経済合理性はありません。

 

欲しい返礼品がないなら「さのちょく」を無理して使う必要ありません

「さのちょく」もとい大阪府泉佐野市は、総務省から批判されるほど「高還元率かつ地場産品以外」の返礼品を取り扱っています。納税者から見ると優良自治体ですね。

ただし、無理して使う必要はありません。

確かに「高還元率・地場産品以外」の自治体・返礼品は消滅寸前で、計算根拠(市場価格)が分かりづらい生鮮食品などを除くと、残るは家電(電化製品)で還元率60%超などがある高還元率な新潟県燕市(つばめし)くらいになってしまいました。

ふるさと納税の返礼品
ふるさと納税で「高還元率な家電」の返礼品は新潟県燕市を残すのみ

続きを見る

 

静岡県小山町の返礼品

一方、2019年2月になって、静岡県小山町が還元率30%ながら「サーティワンアイス商品券8枚(4,000円分)」や「リンガーハットグループ共通商品券8枚(4,000円分)」を再開させていたりします。

ふるなび総合人気ランキング(2018年2月)

この2つの商品券は還元率こそ3割に落ちてしまいましたが、今でも金券ショップでの買取は70%~80%(平均して75%程度の買取価格)なので、寄付金を実質21%~24%で現金化できる魅力的な返礼品です。

このような例もあるので、欲しい返礼品がないのであれば、還元率20%のAmazonギフト券のために無理して寄付する必要はありません。

ちなみに、サーティワンアイスクリーム商品券とリンガーハットグループ共通商品券は「ふるなび」だけの取り扱いなので、寄付金額1%分のAmazonギフト券コードがもらえます(2019年3月31日までは2%分になるキャンペーン中です)。

 

小山町はAmazonギフト券を返礼品にして寄附金額が全国No.1になった自治体で、年初は泉佐野市の代わりに総務大臣から名指しで怒られていた自治体ですね。

元「高還元率・地場産品以外」の優良自治体です。

サーティワンアイスクリーム ギフト券
ふるさと納税の返礼品に小山町のサーティワンアイスクリーム商品券が復活しました

続きを見る

 

佐賀県みやき町の返礼品

他にも、在庫切れで終了かつ還元率30%ですが、さらに換金性の高い「H.I.S.旅行券(SKY)」を取り扱っている自治体もあります。現金化する場合、買取価格の平均は額面の90%です。

※ H.I.S.旅行券は3月31日で終了です

H.I.S商品券(SKY)1万円分 - ふるなび
H.I.S商品券(SKY)1万円分 - ふるさとプレミアム

キャンペーン期間中の3月31日までの寄附であれば、「ふるなび」ならAmazonギフト券コード 2%分、「ふるさとプレミアム」ならAmazonギフト券コード 3%分がもらえます。

泉佐野市の「ピーチ航空券(ピーチアビエーション)」は有効期間180日かつ搭乗者に本人名義が必須で、使わない場合でも換金できません。

有効期限なく換金もできる「H.I.S.旅行券」のほうが間違いなくオススメですね。在庫切れによる終了にだけ気を付けましょう。

H.I.S商品券(SKY)1万円分 - ふるなび
H.I.S商品券(SKY)1万円分 - ふるさとプレミアム

H.I.S.(エイチ・アイ・エス)のロゴ
3月31日まで!ふるさと納税の返礼品にH.I.S旅行券が登場しました

続きを見る

 

ふるさと納税は「さのちょく」だけではないので、あまり踊らされずに冷静に判断するようにしてください。

総務省も本気で自治体をけん制してきています。2019年3月31日は一つの節目になりそうなので、振り返ってみると2019年で一番いい時期だったという可能性もありそうですね。

ふるさと納税(ふるさと応援金)のオススメ自治体
最後のチャンス!?ふるさと納税は特別交付金を減額された自治体に寄附しましょう

続きを見る

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。この記事が満足できる寄附先選びのお役に立てば幸いです。

 

-ふるさと納税
-

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2019 All Rights Reserved.