マネー

元手0円から現金化!FreeBitcoin(フリービットコイン)から出金する方法

FreeBitcoin(フリービットコイン)

 

無料でビットコインをもらう方法としてオススメしているFreeBitcoin(フリービットコイン)ですが、このようなフォーセット(Faucet)と呼ばれるサイトは突然サイトが閉鎖されてしまうリスクがあります。

FreeBitcoin(フリービットコイン)

国内・海外を含め、これまで多くのフォーセットが生まれては消えていきました(前触れなく事実上の夜逃げです)。これが繰り返されてきた偽らざる歴史です。

もちろん、利用し始める前に可能な限りサイトについて調べておくべきですが、それでも何が起こるのか分からないのが仮想通貨の世界です。利用するサイトは慎重に選びましょう。

ビットコイン(Bitcoin)のロゴ
100万円も通過点!ビットコインを無料で手に入れる方法

続きを見る

 

そして、FreeBticoinも然り、フォーセットで受け取った仮想通貨は「出金して初めて価値になる」ということに注意してください。サイト上の残高でしかないうちは、単なる数字の表示で無価値です。そのまま運営者が逃げてサイトが閉鎖されたら終わりです。

フォーセットには、サイトから出金できなくても諦められる金額だけを置いておくようにしましょう。FreeBitcoinにはEARN BTC の利回りを期待して多額のBTCを預けている人もいると思います。FreeBitcoin自体は2013年から運営している実績からも信用度は高いと考えていますが、それでも注意するに越したことはありません。

FreeBitcoin(フリービットコイン)
年率4.08%!含み損のビットコインはFreeBitcoinに預けて増やしましょう

続きを見る

 

ということで、今回はまさかの坂に備えて FreeBitcoin から出金する方法を紹介しておきます。

FreeBitcoinからの出金パターン

FreeBitcoin からの出金はページ上部に存在する "WITHDRAW" ボタンから進めます。

ボタンを押すとモーダルウィンドウが開くので、そこから出金方法や金額などを選んでください。

 

まず最初にFreeBitcoinからの出金方法ですが、「自動・手動」「出金までの早さ」の違いで以下の3パターンが用意されています。

FreeBitcoinからの出金パターン

  1. AUTO(自動出金)
  2. SLOW(ゆっくり)
  3. INSTANT(即時)

3つあるうちの1だけ自動的な出金で、2・3は任意のタイミングで手動で出金を指示することになります。

どのパターンも、FreeBitcoin 側が出金処理を行った時点で Transaction ID が記載されたメールが送られてきます。自分が出金の操作をした時点では、何も連絡なくBTC残高が減るだけです。不安になって問い合わせたりしないよう注意しましょう。

 

それでは、それぞれの方法について詳しく説明していきます。

AUTO(自動出金)

まずは "AUTO" ですが、これはFreeBitcoinにある全ての残高を毎週日曜日に自動的に出金するものです。上部にある "AUTO WITHDRAW" にチェックを入れておくだけです。

AUTOでの出金

 

送金手数料は次に説明する"SLOW"と同じ低めの設定になっています。

引き出せる最低出金金額は 0.0003 BTC(30,000 satoshi)で他の出金手段と同じですが、自動出金の場合は引き出せる最低金額になっていない場合は翌週に持ち越しとなります。

一点だけ注意点があり、"AUTO" の自動送金は引き出し忘れがないので最も安全ではありますが、BTC残高に利息が付利される "EARN BTC" のメリットを放棄することでもあります。年率 4.08% の金利は決して小さくないので、"AUTO" には出金してしまうデメリットがあることも理解したうえで選択するようにしてください。

FreeBitcoin(フリービットコイン)
年率4.08%!含み損のビットコインはFreeBitcoinに預けて増やしましょう

続きを見る

私個人としては、FreeBitcoin を使う意味は "EARN BTC" にこそある考えているため、毎週の自動的な出金は非常にもったいないと思います。

 

SLOW(ゆっくり)

次は "SLOW" のオプションです。"SLOW" という表現になっていますが、実際にはこれが「通常の出金依頼」という認識で問題ありません。この後に説明する "INSTANT" が特別に早いだけです。

こちらは手動による出金で、"AMOUNT"(出金金額)"BITCOIN ADDRESS"(送金先のウォレットアドレス) を入力して、 "2FA"(Google Authenticator, Google認証システム)の認証をするだけです。

SLOWでの出金

 

出金のタイミング(TIME TAKEN)は 6-24 Hours となっていますが、画面下部にある "COUNTDOWN TO NEXT PAYOUT" の時間になったら出金されます。見ていると6時間おきに処理をしているようですね。

この時間がきたらFreeBitcoin側で出金を処理するので、実際にウォレットに着金するのはビットコインのトランザクション状況によります。blockchain.comなどで混雑状況を確認しておきましょう。万単位の未確認取引があると少し時間がかかります。

未確認取引 - blockchain.com

BTCに限りませんが、通貨の価格が高騰するとトランザクションのボリュームが増える傾向にあることだけは覚えておいてください(着金までに時間がかかるということです)。

 

INSTANT(即時)

最後は "INSTANT" のオプションです。

"INSTANT" というだけあって、出金までの時間が15分間隔と大幅に短縮されています。

こちらも手動による出金で、"AMOUNT"(出金金額)と "BITCOIN ADDRESS"(送金先のウォレットアドレス) を入力して、 "2FA"(Google Authenticator, Google認証システム)の認証をします。

INSTANTでの出金

 

出金のタイミング(TIME TAKEN)は ~15 Minutes となっていて、15分おきに送金処理をしているということですね。このバッチの感覚にはまれば、数分で出金される可能性もありそうです。

"INSTANT" も "SLOW" と同じで、あくまでも FreeBitcoin からの出金です。"INSTANT" は手数料が高め(4倍程度)に設定されているので、"SLOW" よりは早く着金すると思われますが、それでも着金までの時間はBitcoinのトランザクション状況によります。

未確認取引 - blockchain.com

FreeBitcoinからの送金方法のまとめ

それでは最後に FreeBitcoin からの送金方法を比較した表を載せておきます。手数料などは2019年7月25日現在のもので、BTC価格やトランザクション状況によって変更されます。

送金方法AUTOSLOWINSTANT
依頼自動手動手動
最低出金金額30,000 satoshi30,000 satoshi30,000 satoshi
出金手数料1,358 satoshi1,358 satoshi5,774 satoshi
タイミング毎週日曜日6-24時間以内15分以内

 

繰り返しになりますが、FreeBitcoin を使うメリットは FREE BTC で無料のBTCをもらうことに加えて、 EARN BTC で利息を毎日もらうことができるところです。

出金するということは EARN BTC の年率4.08%の利息を放棄するということでもあるので、個人的には非常にもったいないという感じがします。最後は自分のリスク許容度によると思いますが、FreeBitcoin が突然消えても諦められるくらいのビットコインは残しておくなど、「EARN BTC を使わないデメリット」についても考えて欲しいと思います。

もし EARN BTCを使わないのであれば、正直なところ Moon Bitcoin などの CoinPot系のフォーセットを使う方が稼ぎは良いです。

ビットコイン(Bitcoin)のロゴ
100万円も通過点!ビットコインを無料で手に入れる方法

続きを見る

リスクとリターンを考えて、自分に合ったフォーセットを選んで効率的なフォーセットライフを送ってください。

 

 

-マネー
-

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2019 All Rights Reserved.