ふるさと納税

やっぱコレ!ふるさと納税の返礼品で缶ビールがもらえる自治体と還元率

ふるさと納税の返礼品で缶ビールをもらおう

ふるさと納税制度が2019年6月に改悪されて久しいですが、まだ大手ビールメーカーの商品も返礼品として存在するのをご存知でしょうか。

根強い人気のあったビールでしたが、返礼品は「地場産品」に限定されたため、多くの自治体は「人気返礼品だから」という理由では取り扱えなくなっています。

しかし、かなり限定的ながら、まだアサヒビール・サッポロビール・キリンビール・エビスビールなどのビールも返礼品として生き残っています。総務省が「域内の工場で生産」を地場産品として認めているため、それらのビール工場がある自治体は堂々と用意できているようですね(良くも悪くも、域内に工場のあったサーティワン・アイスクリームのギフト券を返礼品にしていた静岡県小山町の成果です)。

もちろん、お酒の人気は健在です。

ふるなび人気ランキング(酒・アルコール)

カテゴリ別人気ランキング(酒・アルコール)- ふるなび

 

ということで、今回は明確な地場産品である地ビールを除き、大手ビールメーカーの「缶ビール」の返礼品について調べた結果を紹介していきたいと思います。

結論としては、「まだまだビールは返礼品として魅力的」です。

有名メーカーのビールは希少な返礼品

まず、大手メーカーのビールを返礼品にするには「地場産品の要件を満たす」ほか、そもそも「ふるさと納税サイトが取り扱う」のと「自治体が勇気を持つ(これが一番重要)」という諸条件が揃っていないといけません。

その点、攻め過ぎて大阪府泉佐野市・静岡県小山町・和歌山県高野町・佐賀県みやき町のような優遇除外にならないように、まだまだ多くの自治体が二の足を踏んでおり、手探りで総務省の反応を見ている状況です。

優遇除外となった全ての自治体を取り扱っていた「ふるなび」でも、大手メーカーのビールを返礼品として取り扱っているのは下記の4つの自治体が主です。

  • 茨城県守谷市
  • 京都府大山崎町
  • 宮城県名取市
  • 長野県佐久市

 

もちろん、大手ビールメーカーの工場は全国に点在しているので、これらの自治体にしかビール工場がないわけではありません。

全国にあるアサヒビールのブルワリー

さらに、初心者向けの「ふるさとチョイス」のような納税サイトではナショナルブランドのビール自体の取り扱いがありません。どこでも返礼品として取り扱える地ビールばかりがラインナップされているのが現状です。

それだけ大手メーカーのビールは希少な存在だということを理解しておきましょう。

返礼品と必要な寄附金額

前置きが長くなってしまいましたが、以下に返礼品として存在しているビールの一覧を載せておきます。返礼品は全て「ふるなび」で用意されているものです(=返礼品とは別に寄附金額の2%をAmazonギフト券コードでもらえます)。

  • 発泡酒・第三のビールは除いています
  • 1ケース(24本)単位でギフトパックは除いています
  • 350ml・500ml缶で250ml未満は除いています

返礼品還元率自治体
アサヒスーパードライ 350ml×24本17,000円茨城県守谷市
アサヒスーパードライ 350ml×48本34,000円茨城県守谷市
アサヒスーパードライ 500ml×24本24,000円茨城県守谷市
アサヒスーパードライ瞬冷辛口 350ml×24本17,000円茨城県守谷市
アサヒスーパードライ瞬冷辛口 350ml×48本34,000円茨城県守谷市
ドライプレミアム豊醸 500ml×24本26,000円茨城県守谷市
ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本27,000円京都府大山崎町
ザ・プレミアム・モルツ 500ml×24本33,000円京都府大山崎町
サッポロ黒ラベル 350ml缶×24本20,000円茨城県守谷市
サッポロ黒ラベル 500ml缶×24本25,000円宮城県名取市
ヱビスビール 350ml×24本19,000円宮城県名取市
ヱビスビール 500ml×24本25,000円宮城県名取市
ヱビス マイスター匠の逸品 350ml×24本24,000円宮城県名取市
ヱビス プレミアムエールビール 350ml×24本21,000円宮城県名取市
よなよなエール 350ml×24本25,000円長野県佐久市

 

ふるさと納税を2019年6月の地方税法改正より前からやっていた人は、古き良き時代との違いに愕然としてしまいますよね。しかし、もはや「1万円で1ケース」の時代ではないのです。

このラインナップの中から選ばざるをえないのが、2019年6月からの「ふるさと納税」です。また法律が改正されない限りは変わりません。

ということで、今ある返礼品の中から目利きをして選ぶわけですが、実は「思ったほど還元率は悪くない」というのが実態です。定価では当たり前のように「還元率30%超」になり、Amazonにある最低価格をベースにして見ると「還元率3割以内」というのが実情となっています。

ビールの返礼品の還元率

それでは気になる返礼品の還元率ですが、いつもどおり厳しめに見るために、計算にはAmazonジャパンの価格を市場価格として使っています。計算式は下記のとおりです。

  • Amazonでの販売価格 ÷ 寄附金額 = 還元率

ふるさと納税サイトは「ふるなび」を利用するので、この還元率に Amazonギフト券コード 2%分が上乗せされることになります(さらに、11月30日までは+1%のキャンペーン中)。

返礼品寄付金還元率
アサヒスーパードライ 350ml×24本17,000円28.8%
アサヒスーパードライ 350ml×48本34,000円29.1%
アサヒスーパードライ 500ml×24本24,000円26.8%
アサヒスーパードライ瞬冷辛口 350ml×24本17,000円29.7%
アサヒスーパードライ瞬冷辛口 350ml×48本34,000円26.0%
ドライプレミアム豊醸 500ml×24本26,000円26.3%
ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本27,000円19.9%
ザ・プレミアム・モルツ 500ml×24本33,000円21.3%
サッポロ黒ラベル 350ml缶×24本20,000円23.9%
サッポロ黒ラベル 500ml缶×24本25,000円25.8%
ヱビスビール 350ml×24本19,000円27.8%
ヱビスビール 500ml×24本25,000円27.5%
ヱビス マイスター匠の逸品 350ml×24本24,000円24.7%
ヱビス プレミアムエールビール 350ml×24本21,000円25.2%
よなよなエール 350ml×24本25,000円24.9%

 

一見して分かるとおり、Amazonの販売価格を基にしても3割近い還元率であることが分かりますね。繰り返しますが、上記の還元率には「ふるなび」からもらえるAmazonギフト券コード 2%分が追加されます。

ふるなびのAmazonギフト券コード還元キャンペーン

Amazonギフト券コード還元キャンペーン - ふるなび

そのため、一部の返礼品は実質還元率30%を超えてくる計算になります。さらに、還元率の算出に定価を使うと多くの返礼品が還元率30%超となりますね。

ということで、「返礼品にビールを選ぶ」ということは、法改正後の「ふるさと納税」でも悪くない選択肢であると言えそうです。

あとは自分好みのビールがランナップされているかの問題でしょう。

お酒はビール以外にも用意されています

大手メーカーのビールを返礼品にしている自治体は少ないものの、「お酒・アルコール」のカテゴリには返礼品が山ほど用意されています。

ふるなびの返礼品検索結果(お酒・アルコール)

焼酎や日本酒などは、地域の蔵で製造されたものを「地場産品」として大手を振って出していますね。これは大義名分も十分でしょう。

基本的に条件がいいものは必ず人気ランキングの上位に顔を出すので、それを目安にして返礼品選びをすると失敗しません。ぜひ参考にしてください。

ふるさと納税の寄附先を選ぶ方法
もう失敗しない!ふるさと納税の返礼品選びに迷ったときの探し方

続きを見る

 

「ふるなび」は返礼品とは別にAmazonギフト券コードのプレゼントもあるので、その中でもまず最初に選択肢とすべきサイトです。

ふるさと納税が大好きな猛者たちの目利きによるランキングなので、「ふるなび」でも返礼品の人気ランキングを参考にすることをオススメしています。ぜひ、返礼品選びの参考にしてください。

 

-ふるさと納税
-

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2019 All Rights Reserved.