日常生活

山崎55年が8500万円で落札!オークション出品者はいくら儲かるの??

オークションハウスのBonhams(ボナムス)

2020年8月21日、Bonhams(ボナムス)が香港で開催したオークションで、『山崎55年』が500万香港ドル(約6,800万円)で落札されました。

今回の場合、落札者には24%の落札者手数料(Buyer's Premium)が上乗せされるので、落札者が実際に支払う金額は合計620万香港ドル(約8,456万円)になります。こちらの金額がニュースになっていますね。

ボナムスに出品された山崎55年(Lot No.354)

山崎 Yamazaki-55 year old - Bonhams

これまでのジャパニーズ・ウイスキーの最高落札価格は『山崎50年(2005年発売分)』の約4,700万円(落札手数料込)で、2019年5月13日に台湾のRavenel Taipeiというオークションハウスに出品されたものでした。このことから、今回の『山崎55年』はジャパニーズ・ウイスキー史上最高値での落札であったことが分かります。過去最高の落札金額に対し1.7倍の値段が付いたわけですね。税込330万円の定価から2か月弱で25倍にもなりました。

ウイスキーの世界を知らない人には驚愕の値段だと思われますが、今回出品された『山崎55年』の現物についての記事も書いているので、興味がある方はそちらも読んでみてください。今回の出品は専用箱とボトル(700ml)のみで、ミニチュアボトルなどの付属品は対象外です。

サントリーのシングルモルトウイスキー山崎55年
1本330万円!サントリー山崎55年の実物写真や特典を紹介します

続きを見る

ということで、今回はサントリーが転売対策まで行っていた『山崎55年』について、この不届きな出品者(転売ヤー)が「一体いくら儲けたのか?」について考察したいと思います。この「濡れ手に粟」のような話に興味ある人も多いのではないでしょうか。

出品者が手にすると思われる転売益(予想)

まず最初に結論ですが、今回の『山崎55年』を出品して得られたと思われる利益は「5,400万~6,100万円」だと思われます。

実際には上記の金額から運送料・保険料・カタログ掲載料などの諸経費を差し引きますが、今回は母数となる金額が大きいこともあり諸経費は誤差の範囲と考えて良いでしょう(保険料は「落札価格の1%」のような値決めもあるので高額な可能性はあります)。もちろん、諸経費は『山崎55年』でなくても発生するものです。

報道されている落札金額に関する注意

今回のオークションは「8,500万円で落札」のようなセンセーショナルな話が先行していますが、実際に落札金額(ハンマープライス)となったのは500万香港ドル(約6,820万円)です。

ここにオークションハウスの取り分となるBuyer's Premium(バイヤーズプレミアム, 落札手数料)が上乗せされ、落札者が『山崎55年』を手に入れるために必要な総額が決まります。そして、今回のオークションのBuyer's Premiumは「24%」です。

Buyer's Premium for this auction is 24% of the hammer price.

これはあくまで今回設定されていたプレミアムで、同じ回のオークションに出ていたウイスキーも同じです。この料率はカテゴリによって異なり、自動車のように8%くらいの低料率に設定されているカテゴリも存在します。

また、単純に「手数料24%」と聞くとボッタクリのようにも聞こえますが、これは古くからある伝統的なルールのため、オークション参加者は理解したうえで入札をしています。落札者はBuyer's Premiumも考慮したうえで、自分が入札できる限界を計算しているということですね。

さらに、オークション開催地によっては、このHummer PriceやBuyer's Premiumに対してVAT(付加価値税)などの税金が発生します。香港の場合、一律5%のGST(Goods and services tax)が存在します。

庶民には高すぎると感じるであろうBuyer's Premiumですが、これは2019年2月にSotheby's・Christie’s・Phillipsが値上げし、同年3月にBonhamsも一部のカテゴリを値上げして現在の料率に至っています。

Bonhams introduces 27.5% premium threshold to "reflect the cost of bringing objects to global auctions” - Antiques Trade Gazette(英語)

ボナムスのBuyer's Premimu

Bonhamsの他のオークションを見ていると、ベースは上記の金額帯により変動する料率が採用されており、今回のウイスキーを含む"Wine & Whisky"というカテゴリーはベースの対象外となっているようでした。

ということで、報道されている"落札金額"と言うのはオークションハウスの取り分が乗った金額のため、出品者の利益を考えるうえでは「ハンマープライスの500万香港ドル(約6,820万円)」を基準に考える必要があります。

オークション出品者にかかる手数料など

出品者の手取りを計算するうえでハンマープライスの500万香港ドル(約6,820万円)を基準としたとき、次に出てくるのはSeller's Commissionと呼ばれる出品者手数料です。

ただ、出品者の手数料は画一的に定められているものではなく、どこのオークションハウスも「出品者と合意した料率」という書き方が一般的です。もちろん、今回のBonhamsにも存在しています。

Charges and commission to sellers
If your property sells at auction, you will receive a notification informing you of the hammer price - the winning bid for a lot at auction - that your item achieved. The money you receive – the net sale proceeds - will be based on the hammer price less our agreed seller’s commission and any agreed upon expenses, such as illustration or loss and damage warranty fee.

上記のようにサイトに具体的な料率は書かれていませんが、事前に合意したSeller's commission以外にもカタログ掲載料や損害保険料の費用が存在することが分かります。

落札金額1億円超を超えるオークションは2社で8割のシェアを複占しているSotheby's(サザビーズ)・Christie's(クリスティーズ)についても同様にSeller's commission(Vendor's commission)が設けられています。カタログ掲載料や配送コストなどの実費を除き、Buyer's Premiumと同じようにSeller's commissionもオークションハウスの取り分です。

そして、気になるSeller's commissionの具体的な料率ですが、これは「契約当事者以外は分からない」というのが結論です。ここは想像の域を脱しないことになります。

アートの場合は落札額に対して平均10-15%の手数料率が適用されていて、さらにオークションハウスが出品して欲しいと考える商品であれば料率は下がるということです(他にも小さいオークションハウスは低い傾向があるようです)。

A Guide To Auction V Private Sale - MyArtBroker(英語)

ただし、今回のオークションは落札予想価格が58万~78万香港ドル(800万~1,000万円)だったので、それを超えた部分の金額には Seller's Commission が上乗せされている可能性もあります。これは「オークションハウスの頑張り」に対する料金として設定されることがあるものです。

ということで、出品者がオークションハウスから受け取る金額というのは、「ハンマープライスからSeller's Commissionを引いた金額」ということを理解しておきましょう。間違っても8,400万円という最終価格(Final Price, Fixed Price)を基準に考えないでください。

落札者の利益を推計すると

この記事中の日本円価格は、三菱UFJ銀行で採用されている仲値(TTM)で香港ドルを日本円に換算したものです。
2020年8月21日の為替相場 - 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

それでは、ここまで説明してきたハンマープライスや手数料の関係を踏まえ、『山崎55年』の転売による利益を計算してみましょう。

  • 最終価格(ハンマープライス+落札者手数料)
    8,456万円
  • ハンマープライス
    6,820万円

出品者の取り分はハンマープライスから出品者手数料を引いた分なので、その料率をケースに分けると下記のような金額になります。

  1. 出品手数料 20% の場合は 5,456万円
  2. 出品手数料 15% の場合は 5,797万円
  3. 出品手数料 10% の場合は 6,138万円

『山崎55年』は今回のBonhamsオークションの目玉商品だったこともあり、Seller's Commissionは低く設定されている可能性はあります。ニュースになっている8,000万円超の落札金額からすると手取りは少なく感じますが、これが「オークションハウスに出品する」ということだと理解してください。

もちろん、ここから『山崎55年』を購入する際に支払った税込330万円を引いた金額が純利益です。個人で雑所得にする場合、この利益に対して所得税・住民税が課税されます(この取引だけで事業所得にすることは認められないでしょう)。

落札金額が相場に与える影響

オークション価格が相場に与える影響

二匹目のどじょうを狙って、今後は『山崎55年』のオークション出品が増える可能性もありそうですが、今回の落札金額が相場に与える影響についても触れておきましょう。

結論としては「最終価格8,400万円を意識して暴落なく底堅く推移する」と考えています。ちなみに、私は買取価格・オークション価格の予想を大きく外している実績があります。

8月21日に香港で開催されたBonhamsのオークションはインターネットで生中継され、会場以外にオンラインでも入札することが可能でした。以下はそれをリアルタイムで見て感じた所管です。

  • Absentee(欠席者)の自動入札が3,000万円以上まで存在
  • ハンマープライス直前の入札はSalesroom(会場参加者)からの入札
  • 高価格帯になると入札スピードが落ちてジリジリ上げる展開

実は当日不参加による事前入札が3,000万円くらいまであったので、オークションが始まる前から「3,000万円以上での落札」は決まっていたわけですね。

また、最終的に落札したのはOnline(ネット入札)でしたが、落札直前の490万香港ドルまで会場の参加者が入札していたのが印象的でした。Onlineの場合は面白半分の競りやイタズラもありそうで心配していましたが、最後の最後の価格まで会場参加者が入札していたことで「リアルな需要がある」ことを意味していると思います。

Bonhamsのオークション風景

既に国内買取業者もオークション価格を参考に買取価格を大幅に上げてきています。買取業者に売却する場合はオークション出品者が得たであろう「5,400万~6,100万円」の金額が参考値です。最終的な買い手の前に国内買取業者のマージン・海外バイヤーのマージンがあり、これがオークションに出した場合のオークションハウスの取り分に該当します。

利益を最大化したいのであれば、自分で最終消費者(飲む人・コレクター)を探すしかないということになるでしょう。これはウイスキーに限らず、全ての転売品に言えることだと思います。

『山崎55年』のオークション結果まとめ

それでは、最後にここまでの話をまとめておきます。

  • 話題になっている8,456万円は最終価格(ハンマープライス+落札者手数料)
  • 最後の入札金額であるハンマープライスは6,820万円
  • ハンマープライスから10-15%程度の出品手数料を引いた金額が出品者の取り分
  • 出品者が受け取る金額は5,400万~6,100万円と推計
  • 個人の場合は最大55%の所得税・住民税が課税(法人の場合は消費税を除き、事業全体の損益に対する課税)

これまでの『山崎50年』の落札実績がベースにあるとはいえ、『山崎55年』は販売から1ヶ月半程度で定価の25倍と言う異常な価格がつきました。もはや多くのコレクターも手が出ないレベルの投資商品になっていると感じますが、金融緩和による世界的な金余りの波もあり、「現物資産」としての価値で新たに投資家・投機家がマーケットに参入して価格は維持されるのではないかと思います。

 

-日常生活
-

© 2020 豊かな暮らしナビ