デジタル

Windows10のIMEで予測入力をオフまたは入力履歴を削除する方法

Windows10(ウィンドウズ10)

 

そうそうあることではないと思いますが、自分のPCを人が使うときなどはWindowsの日本語入力システムである Microsoft IME(Input Method Editor)の「予測変換」に注意しましょう。

自分で使っている分には学習効果で使い勝手が向上していくシステムですが、これまで自分が入力した単語を人に見られるのは困りますよね。

日本語IME - 日本マイクロソフト

誰に見られても問題のない単語ばかりが予測候補として挙がるわけでもないので、可能な限り他人には予測変換を見られないほうが良いでしょう。

WindowsのIMEによる予測変換

ということで、今回はIMEの便利でもあり人によっては危険なIMEの予測変換を、「一時的に無効にする方法」と「予測入力の履歴を削除する方法」をご紹介したいと思います。

本当に見られたく単語が予測候補に出る人は、迷わず「消去」を選んで備えましょう。

Microsoft IMEの予測入力を無効にする方法

最初はIMEを一時的に無効にする方法です。無効にできるということは、反対のことをすれば有効にもできるということを忘れないようにしてください。

まず、タスクバー右端の通知領域(旧・タスクトレイ)にあるIMEのうえで右クリックして、IMEのオプション(メニュー)を表示させます。

通知領域(タスクトレイ)で右クリック

 

IMEのオプションが表示されたら、そこにある「プロパティ」を選択してください。

IMEの「プロパティ」をクリック

 

するとポップアップで「Microsoft IME の設定」が表示されるので、そこにある「予測入力」のチェックボックスを外せば完了です。

Microsoft IMEの入力予測

 

これで文字入力の際に予測変換が表示されることはなくなります。

このように対応自体は非常に簡単ですが、それだけ「使用する(有効にする)」に変更するのも簡単にできるということです。知っている人なら、隠してもすぐに元通りにできてしまうということですね。

そんなときは、元に戻せないように入力履歴自体を削除してしまいましょう。当然のことながら、入力履歴を消去してしまうと、次に自分が利用するときも予測変換のデータは最初から蓄積し直すことになります。

Microsoft IMEの入力履歴を消去する方法

それでは次にIMEに記録された入力履歴を消去してしまう方法です。これにより、これまで入力してきたデータが全て消えるため、既存の予測入力の候補が表示されなくなります。

ただし、予測入力自体を有効にしている場合、消去した後からのデータが蓄積されていくことになります。

消去する方法は予測入力を無効にするときと同じで、「Microsoft IMEの設定」を開いて、今度は「入力履歴の消去」をクリックして進めます。

Microsoft IMEの入力履歴を削除

 

あとは「入力履歴の消去」のダイアログボックスで確認を求められるので、問題なければ「はい」を選んで履歴を消去してください。

入力履歴削除の確認ダイアログ

 

これで既に蓄積されていた入力履歴のデータはクリアされたので、ここからの予測入力の候補は、これから蓄積されていくデータに基づく内容になります。

入力履歴を記録しないプライベートモードも活用しましょう

最後に、入力履歴を全て消してしまうのも問題があるという方に向けて、今後の文字入力で活かせる可能性のあるtipsをご紹介しておきます。

あくまで「今後の入力から」の対応のため、既に蓄積されてしまったデータに対しては影響を及ぼしません(修正できるわけでもありません)。

その方法ですが、例によってIMEオプションを表示して、下の方にある「プライベートモード」をオンにしてください。これでプライベートモードが有効なうちは入力履歴のデータは蓄積されません。

IMEの「プライベートモード」を活用

 

入力履歴の記録をストップするだけで文字入力の際に予測入力は表示されるので、入力作業自体は何も変わらず行うことができます。ただ、そこで打った単語はデータとして記録されないため、何度でも同じ変換を行うことになります。

「予測入力の無効化」「入力履歴の消去」と合わせて、状況に応じて「プライベートモード」もぜひ活用してみてください。

-デジタル
-,

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2019 All Rights Reserved.