デジタル

何が違うの?ソフトウェアのバージョン情報に関する一般的なルール

投稿日:

アプリケーションのバージョン情報とは

 

ソフトウェアやアプリケーション(スマホアプリなど)で表示されるバージョン情報の意味を知っていますか?

例えば、Webブラウザの Google Chrome だと以下のようなバージョン表記がされていますね。画像は少し古いバージョンのものです。

利用中のGoogle Chromeのバージョン情報

 

開発が盛んな Google Chromeは、上の画像のようにかなり細かいバージョン管理がなされています。

Google Chrome(グーグル・クローム)
PC版 Google Chromeのバージョン情報を確認する方法

続きを見る

 

ただし、利用中のバージョンに問題がない限り、基本的にはユーザーがバージョンを気にする必要はありません。

このバージョンで一番話題になるのは Apple の iOS でしょう。最近は革新的な新サービス・新機能が誕生することは少なくなりましたが、iPhone・iPadユーザーにとってバージョンアップは常に興味のある話だと思います。そして、アプリ開発者にとっては何が起こるのか分からず、なかなかハラハラさせられる出来事でもありますね。

Appleはメジャーアップデートによる混乱を避けるために、開発者向けに正式版のリリース前にアルファ版・ベータ版・ゴールデンマスター(GM)を段階的に提供しています。

 

今回は、そんな「バージョン表記」の一般的なルールについて説明したいと思います。当然、これは単なる「決めごと」なので会社やシステムによって異なります。

ソフトウェア(アプリケーション)のバージョン情報とは

一般的なバージョン情報は、多くても4つの数字(パート)で構成されています。小さな規模のシステムでは2つの場合もありますね。

先ほどの Google Chrome の場合、「69.0.3497.100」という4つの数字で構成されていました。

この4つの数字ですが、それぞれ下記のような意味があります。

  1. Major(メジャー)
  2. Minor(マイナー)
  3. Build(ビルド)
  4. Revision(リビジョン)

 

これを基にすると、先ほどの Google Chrome 69.0.397.100 のバージョンは「メジャー 69」「マイナー 0」「ビルド 3497」「リビジョン 100」のバージョンであることが分かります。

iOSやAndroidが大きく変わるときに「メジャーアップデート」と言われるのは、一番最初に出てくる「Major(メジャー)」がバージョンアップされるときの話です。

システム開発に携わったことのある人には馴染みがあると思いますが、エンドユーザーとしては「メジャー」以外は触れる機会のない言葉かも知れません。

それでは、それぞれの言葉の意味を確認していきましょう。

Major(メジャー)

最初の「Major(メジャー)」ですが、これは一番分かりやすいですね。

アプリやシステムが初めて世の中にリリースされるときは、必ず 1 から始まります。まだ正式版ではない場合、0 にしてテスト配布やパイロットユーザーを募っているようなこともありますね。

このメジャーバージョンは、下記のようなケースでアプリやシステムが大きく変わるときに数字が繰り上がります。

  1. 新しい技術や基準によりアーキテクチャに大きな変更があったとき
  2. 大きな機能追加や削除があったとき
  3. 用途や処理、UI(User Interface, ユーザーインターフェース)に変更があったとき

 

メジャーバージョンは、上記のような大きな変更・改修が入ったときに数字が繰り上がります。

 

Minor(マイナー)

次の「Minor(マイナー)」ですが、これは下記のような場合にバージョンアップされます。

  1. サービスパックをリリースしたとき(最初から完璧なソフトウェアは存在しないため)
  2. バグフィクスや特別な機能をサポートしたとき

 

マイナーのバージョンアップはメジャーほど大きくはない機能追加やバグフィクスがメインです。

 

Build(ビルド)

Major, Minor に続く3番目にあるのは「Build(ビルド)」です。

これはシステム開発ライフサイクル(SDLC, Systems Development Life Cycle)において、ソフトウェアがどのポイントまで到達しているかを示します。

通常、開発チームが採用するウォーターフォール・モデル、スパイラル・モデル、アジャイル、反復型などの開発モデルにおいては、工程を分割してモジュールを完成させていきます。

一つの工程が完了してユーザーアクセプタンス(User Acceptance)やQAに数むたび、Buildのバージョンは繰り上げられます。

 

Revision(リビジョン)

最後の 「Revision(リビジョン)」は3つ目の Build(ビルド)の改訂数を示します。

どのような開発チームも最初から完璧な開発(ビルド)を出せることはありません。そのため、バグの発生・発見やバグ修正を繰り返しながら開発を進めることになります。そして、そのビルドのための改修を繰り返すたびにリビジョンは繰り上がっていくことになります。

 

あくまでもバージョニングの一例です

冒頭にも書いたとおり、ご紹介したバージョニングの方法も一般的ではありますが、あくまでも一つの方法・考え方に過ぎません。

会社によってはメジャーとマイナーのバージョン管理のみであったり、ビルドまでの管理だったりします。さらには、ソフトウェアのバージョンをリリースした西暦にするような管理をする会社もあり、実務的には開発会社の文化に合せるという他はないでしょう。

また、コンシューマー向けのシステムの場合、開発のバージョン管理とエンドユーザーに見せるものが異なることもあります。分かりやすいように、ユーザー向けにはメジャーとマイナーまでを公開するようにしているわけですね。

 

今回の記事がシステム開発のバージョニングに関する一つの参考になれば幸いです。

参考:SOFTWARE VERSIONING AND RELEASE NUMBERS - Zapbuild

-デジタル

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2019 All Rights Reserved.