デジタル

iPhoneのカメラで撮影した画像がWindowsで表示できないときの対応方法

投稿日:

拡張子がHEIC・HEIFの画像ファイル

 

iPhoneやiPadのカメラで撮影した写真をWindowsのPCに移したとき、その画像ファイルが下記のようなアイコンになっていませんか?

拡張子が.heic(ヒーク)のファイル

拡張子が見慣れない .heic になっているのが分かりますね。

Windowsに入っているアプリケーションが対応していないので、他の .jpg とは異なりサムネイルで表示されずにアイコンが表示されています。

HEIC形式が表示されないフォルダ

これはHEIC(High Efficiency Image File Format, ヒーク)と呼ばれる画像圧縮の形式で、使っているWindowsの環境によっては対応していないため表示できません。

iOSでは2017年9月にリリースされたiOS11からHEIC/HEIFのフォーマットを採用しています。iOS11のリリース当初は「互換性優先」の設定でJPG形式の保存ができましたが、今は全てHEIC形式のみになっています。

 

古くからあるJPG形式などに比べて高圧縮率を実現した技術ではありますが、GoogleのWebP形式やJPEG 2000・JPEG XRなどの次世代フォーマットと同じようにまだまだ普及はしていないのが現状です。

AppleとGoogleが推進しても、次世代フォーマットへの世間の認知度は遅々として高まっていませんね。

ということで、今回はiOSで撮影したHEIC形式の画像について、Windows10で問題なく見られるようにする方法を説明したいと思います。

HEIC形式の画像をWindows10で表示する方法

まず、HEIC形式の画像を見られるようにする方法は大きく分けて2通りあります。

  1. Windows10をHEIC形式に対応させる
  2. HEIC形式をJPG形式などに変換する

用途によってはどちらの方法も一長一短ではあるので、対象となる画像の用途によって使い分けるのが現実的な選択肢でしょう。

というのも、自分の環境だけ対応して問題なく見られるとしても、その画像を送信・共有する先の環境で見られるかは分かりません。また、HEIC形式をJPEC形式にするのは分かりやすいですが、せっかくの高圧縮のメリットを完全に捨てることになってしまいます。

ただ、まだまだ普及しているとは言えないフォーマットではあるので、JPG・JPEG形式にしてしまうのが一番分かりやすいでしょうね。

それでは、それぞれの方法の説明に移ります。

 

Windows10をHEIC形式に対応させる

最初に誰もが思いつくWindows10自体をHEIC/HEIF形式に対応させる方法ですが、これはマイクロソフトが公式に提供している下記の「HEIF 画像拡張機能」というツールを利用します。

HEIF 画像拡張機能 - Microsoft store

マイクロソフト公式のHEIC画像拡張機能

他のアプリケーションと同じように、「HEIF 画像拡張機能」をインストールするだけで表示されるようになります。

単純にインストールしても、相変わらずHEIC形式が表示できない人は下記を確認してください。

  • インストール後にOSを再起動してください
  • Windows10のバージョンが最新版か確認してください

 

再起動で解決すれば良いですが、それでもダメな場合はWindows10のバージョンが古い可能性があります。古いバージョンは拡張機能自体がサポートしていません。

「HEIF 画像拡張機能」は、ダウンロードページの下部にあるシステム必要条件のとおり、「Windows 10 バージョン 17763.0 以降」である必要があります。

HEIC画像拡張機能のシステム要件

17763.0というのはビルド番号で分かりにくいですが、2018年11月13日に公開された Version 1809 以降のバージョンが必要となります。

Windows10のバージョン情報

Windows10のバージョン情報は以下の手順で確認してください。

  1. Windowsマークを押してスタートメニューを開きます
  2. キーボードで winver と入力して Enter を押します
  3. Windows10のバージョン情報が表示されます

バージョンが 1709 や 1803 などの古いバージョンの場合、下記のページからWindows10をアップデートしてください(スケジューラで動くWindows Updateではありません)。アップデート完了まで1時間くらいかかります。

 

アップデートが完了するとOSが再起動されるので、.heif と .heic の内容が表示できるようになっていることを確認しましょう。

HEIC形式のサムネイルが表示されたフォルダ

これでWindows10で.heicのファイルを表示する対応は完了です。

 

HEIC形式をJPG形式などに変換する

続いては、HEIC/HEIF形式のファイル自体を高い互換性のあるJPG・JPEGなどに変換する方法です。

自分の環境でHEICやHEIFのフォーマットを見られるようになっても、他の人の環境で表示できるとは限りません(最新版のWindows10とiOS・Mac以外は表示できない可能性が高いでしょう)。

そのため、開けるか開けないか分からないファイルを送付・共有するよりも、何も考えずに送ることができるファイル形式のほうが安心できますね。

ファイル形式を変換する方法は「オンライン(Webブラウザ)」「デスクトップ(要インストール)」があり、セキュリティやプライバシーの観点に加えて、変換するファイル数によって使い分けてください。

 

オンラインで変換できるサイト

下記はWebブラウザ上でサイトに画像ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、すぐにHEIC形式のファイルをJPG形式に変換してくれるサイトです。もちろん、無料です。

Convert Heic Photos to JPEGs - JPEGmini(最大50ファイル)

Convert HEIC Photos to JPEGsのサイト

 

HEIC変換フリーソフト - Apowersoft(最大30ファイル)

HEIC変換フリーソフトのサイト

 

他にもサイトは色々とあるので、自分が使いやすいと思うサイトを使えば良いでしょう。

どのサイトもファイルの変換だけを目的として、「変換後のデータは保持しない(削除する)」としていますが、万一にも見られたくないデータを扱う場合は次のデスクトップのアプリケーションを使ってください。

 

デスクトップで変換できるソフト

次はインストールをしてデスクトップでHEIC形式をJPG形式に変更できるソフトウェアです。使うにはインストールが必要です。

これはiMazingが提供しているフリーソフトの一択でいいでしょう。体感的にはサーバーでの変換よりも早いうえに無料です。

iMazing HEIC Converterのインターフェース

ウィンドウ内にドラッグ&ドロップしてボタンを押すだけです。本当に簡単で良いと思います。

 

下のものはオンラインで変換できるサイトの一つが配布しているソフトですが、こちらはiMazingの変換ソフトに比べて遅いうえに有料です。選ぶ理由はありません。

 

「オンライン」でも「デスクトップ」でも変換は手軽なので、変換に使う環境に合せて活用してください。

 

HEIC形式のファイルに関するtips

最後はtipsのような小ネタの寄せ集めをご紹介しておきます。

  • LINEで送られたきた画像はJPGで保存されます(iOS同士でも)

このような方法で、アプリを介してJPGなどに変換する方法もありそうですね(LINEは元画像を送らないと画像が劣化します)。

 

  • GoogleフォトにはHEIC形式のままアップロードされます

例えば、Googleフォトにアップロードした場合、画像はHEIC形式のままアップロードします(「元のサイズ」でアップロードした場合)。

そのままアルバムなどを共有した場合、共有先の人がダウンロードした場合もHEIC形式のままダウンロードすることになってしまいます。この手の話に明るい人なら問題ありませんが、そうではないなら事前にJPEG形式に変換しておいたほうが親切かもしれませんね。

 

  • HEIC形式のファイルにはEXIF(イグジフ)も含まれます

HEIC/HEIFもEXIF情報があるので、撮影日時・撮影場所・カメラの型番などの情報が含まれています。JPEGなどと同じように、不特定多数が見られる場所にアップする際にはEXIFは消しましょう。

そのままGoogleフォトにアップすると、Google Mapsのタイムラインにもデータとして蓄積される情報です。

Google Maps(グーグル・マップ)のロゴ画像
ちょっと怖い?Googleマップのタイムラインに記録された自分の行動

続きを見る

 

HEICは高圧縮でJPGよりもハードディスクや端末容量に優しいフォーマットですが、まだまだ普及しているとは言えない画像形式です。

正直、ファイルサイズや容量に心配がない人にとっては使い勝手が悪いだけですが、ファイル形式の変換ツールを駆使してiOS・Mac以外の人にも配慮してあげてください。

-デジタル
-, ,

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2019 All Rights Reserved.