Webサービス

実例紹介!Yahoo!ショッピングの注文をキャンセルする方法

Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)のロゴ

期間限定Tポイント(現在はPayPayボーナスライト)の大盤振る舞いな還元で急成長しているYahoo!ショッピングですが、ここでは間違えて注文してしまったときのキャンセル方法をご紹介したいと思います。

Yahoo!ショッピング - Yahoo!JAPAN

キャンセルに関しては利用者も店舗も効率的に対応できるように、かなり作り込まれているのが特徴です。まだ注文したばかりの人は時間との勝負なので急ぎましょう。

Yahoo!ショッピングでの注文キャンセル

まず、注文のキャンセルは「自分でキャンセル」「ストア側のキャンセル」の2つがあり、注文完了から10分間だけは「自分でキャンセル」を行うことができます。

しかし、注文から10分以上が経過すると、ストア側に受注の連絡が流れるため自分からキャンセルはできなくなり、個別にストア側に連絡を入れる必要があります。

これが基本的なキャンセルの流れです。

注文をキャンセルしたい - Yahoo!ショッピング ヘルプ

対象となるショップなど

今回のキャンセル方法は、Yahoo!ショッピングのプラットフォームで動いているショップでの購入が対象です。

ということで、同じプラットフォームで動いているPayPayモールは対象ですが、独自のサイトで動いているグループ会社のZOZOTOWNなどは対象外になります(PayPayモールのZOZOTOWNは対象)。

要するに、Yahoo!ショッピングの「カート」に入るサービスが対象になるという理解で問題ありません。

具体的なキャンセル方法

注文キャンセルは大きく下記2つの方法に分かれます。

  1. 注文から10分以内の場合は「注文をキャンセルする」のボタンでキャンセル
  2. 注文から10分経過後は「注文に関する問い合わせ」からキャンセル連絡

1の注文10分以内のキャンセルは即時にキャンセル(実行)ですが、2の「注文に関する問い合わせ」の場合はストアごとに対応が異なってきます

どちらも「注文履歴詳細」の画面から行うため、「注文確認メール」もしくは「注文履歴」から進んでください。注文確認メール(HTMLメール)には、メール本文の下の方にボタンのリンクが用意されています。

注文確認メールのボタン(Yahoo!ショッピング・PayPayモール)

「注文履歴詳細」の画面にはYahoo!ショッピングの上部にある「注文履歴」のアイコンからも遷移できるので、メールの受信箱で注文確認メールが見当たらなくても問題ありません。

Yahoo!ショッピングの注文履歴アイコン

それでは、2パターンある注文をキャンセルする方法について、実際の画面を使って手順を確認していきましょう。

注文から10分以内の場合は「注文をキャンセルする」のボタンでキャンセル

注文詳細画面の右サイドに「注文キャンセルする」が表示されている場合、まだ注文日時から10分以内なので簡単にキャンセルすることができます。急ぎましょう。

注文詳細画面の注文キャンセルボタン

 

そのままキャンセルできる時限が表示されています。ちょうど注文日時から10分後までになっているのが分かると思います。

注文日時から10分以内ならキャンセル可能

この「注文をキャンセルする」をクリック(タップ)するとモーダルが表示されるので、キャンセル理由を選択して「はい(キャンセルする)」を選びましょう。

注文キャンセルの理由を選択して実行

 

これで注文のキャンセルが完了します。10分以内なら簡単にキャンセルできるのでいいですね。

しかし、注文から10分以上経過すると話は違ってきます。画面から「注文をキャンセルする」というテキストが消えて、「この画面よりキャンセルをお受けできません。ストアまで直接ご相談ください。」というテキストに変わってしまいます。

10分以上の経過でキャンセル不可に

こうなると購入者による自分でキャンセルはできなくなるので、次に説明するストアに直接キャンセルを依頼することになります。

また、注文履歴の詳細を確認するとき、SMS認証を設定しているとショートメールによるログイン認証があります。これを3回以上間違えるなどすると、強制的に30分間はログインできない状態になるので注意してください。

Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)のロゴ
ヤフーのSMS認証で「時間をおいてから再度お試しください」と出たときの対処法

続きを見る

ロックされると確実に10分は経過してしまう(自分ではキャンセルできなくなる)ことが確定します。

 

注文から10分経過後は「注文に関する問い合わせ」からキャンセル連絡

ストアへ直接連絡する場合、同じ「注文詳細画面」の下の方にある「注文に関する問い合わせ」から依頼することになります。「このストアを評価する」のボタンの下にあるボタンです。

注文に関する問い合わせボタン

 

選択すると「(ストア名)に質問をする」という画面に移動し、自分が注文した商品情報がプリセットされた状態の画面になります。

出店ストアに質問する画面

この画面で下記の3点を確認・入力してください。

  1. 注文番号(注文した商品)
  2. 質問カテゴリ(注文キャンセルを選択)
  3. 本文

状況をありのままに分かりやすく説明すれば十分です。「質問カテゴリ」については「キャンセル」を選択するのを忘れないようにしてください。

質問カテゴリで「注文キャンセル」を選択

 

店舗によっては土日営業をしていないケースがあるので、その場合は次の営業日が来るのを待つことになります。土日の問い合わせを受けていない場合、基本的に発送業務自体をやっていないので、注文キャンセル自体も問題なく受け付けられると思います。

以降はストアと下記のような画面でやり取りを行うことになります。このやり取りは非公開ですが、先方はこちらの情報が分かっている状態なので、個人情報をあらためて書き込む必要はありません。

ストアとのやり取りをする画面

 

タイミングにもよりますが、ストアが発送していなければ、そのままストア側でキャンセル処理が行われることになります。もし発送されていたりすると、あとはストア側の案内に従って対応することになります。

注文した商品やストア側の運用によるので、以降の対応は完全にケースバイケースです。

最後は注文がキャンセルできたことを確認

無事にキャンセルされた場合、Yahoo!ショッピング(PayPayモール)からキャンセルのメールが届きます。ここまで確認するようにしましょう。

注文キャンセルの確認メール

 

注文キャンセルのメールまで確認できたら一安心です。お疲れさまでした。

 

最後に、完全な主観ではありますが、ストアに連絡するキャンセルは許容できるレベルならキャンセルしないのが一番だと考えています。もちろん、注文後10分間のシステム的なキャンセルは何も問題なく、そもそも規約に則ったキャンセルは購入者側の権利なので全く問題ありません。

私はYahoo!ショッピングよりも大きなECサイトで働いていましたが、そこそこの規模でも人海戦術や完全な手作業でやっているストアも多く、個別の連絡によるイレギュラーな処理があると色々と面倒をかけてしまいます。

「キャンセル処理したけど発送してしまったので、返送不要でいいのでもらってください」ということもよくあります。店舗に手間をかけさせてしまったとしたら、ぜひ以降はご贔屓にしてあげてください。

Yahoo!ショッピング - Yahoo!JAPAN

-Webサービス
-,

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2020 All Rights Reserved.