暮らしのノウハウ

PCブラウザでYouTubeの動画広告を表示しない(スキップする)方法

投稿日:

YouTube(ユーチューブ)

 

PCブラウザでYouTube動画を視聴していると、いいところで動画広告が流れてイライラすることありますよね。

この誰もが経験している「あるある」について、この動画広告を非表示(自動スキップ)する方法をご紹介したいと思います。

 

前提条件として、パソコンかつブラウザとしてGoogle Chromeを利用しています。スマートフォンのブラウザやアプリでの再生は対象外です。

YouTubeの動画広告をスキップする方法

それでは早速、本題の動画広告をスキップする方法です。

Chromeの拡張機能 Fair AdBlocker を Chromeウェブストから「Chromeに追加」するだけです。追加後、特に何か特別に設定する必要もありません。

Fair AdBlocker(Chromeウェブストア)

Fair AdBlocker(Chromeウェブストア)

 

ブロックされる広告についての注意

Fair AdBlockerはバナーなどのWeb広告をブロックするChrome拡張機能ですが、Web広告と同じようにYouTubeの動画広告もカットしてくれるというものです。

そのため、何も設定しないとChromeで見るサイト全ての広告がブロックされます。広告を表示したいサイトは手動で「Whitelist Site(ホワイトリストサイト)」に追加する必要があります。

Fair AdBlockerのホワイトリスト

 

厳密には Fair AdBlockerが「広告」と定義したドメインの通信をカットします。海外製の拡張機能ですが、日本のドメイン(特にアドネットワーク)も高精度で遮断されます。

 

YouTubeの本編で流れるのは、TrueView 動画広告(TrureViewインストリーム広告・TrueViewディスカバリー広告)やバンパー広告と呼ばれる種類の広告ですが、これ以外にもアウトストリーム広告というYouTubeサイト内で流れる広告があり、これらも含めて良くも悪くも全てブロックして表示されなくなります。

全ての広告が消えてしまうので、使ったことがない人からすると別のサイトのように思えるかも知れません。広告がないと、それくらいサイトの見た目が変わってしまいます。表示も軽くなりますね。

 

YouTubeの動画広告がブロックされると

そもそも、YouTubeの動画広告はシークバー(動画の進行状況バー)にある黄色い線のタイミングで動画で流れます。

シークバー上で広告のタイミングが分かります

 

Fair AdBlockerを入れたあとの見え方としては、動画広告に画面が切り替わって画面が真っ暗になりますが、何も流れずに1秒程度で本編が再開されるという動きになります。

動画広告を目にすることはありませんが、完全にシームレスに本編が続くというわけではありません。1秒くらい画面がブラックアウトする感じですね。

広告のわずらわしさが無くなるので、これくらいの挙動はご愛敬でしょう。

 

Fair AdBlockerのデメリット(人によって)

まだ利用者が少ないのでデメリットに感じる人も少ないと思いますが、アドブロックによる広告のカットは「ピクチャー・イン・ピクチャー」と相性が悪いようです。

動画広告のタイミングで画面がブラックアウト(真っ黒)して、そのまま本編の音声しか流れなくなってしまいます。CMはカットされますが、本編の映像も映らなくなります。

これはChromeなのかピクチャー・イン・ピクチャーのAPIなのか、これは改善するのを待つしかないでしょう。

※「ピクチャー・イン・ピクチャー(Picture In Picture)」とは独立したウィンドウで動画を表示する機能で、YouTube動画のメニューに表示される「ミニプレイヤー」とは異なります。

ピクチャーインピクチャーを表示した場合

PIPの使い方については下記の記事を参考にしてください。

YouTube(ユーチューブ)
YouTubeでPicture In Pictureモードを使う方法(Chrome70以降)

  2018年10月16日にリリースされたGoogle Chromeのバージョン70に、YouTubeのビデオ動画を別枠にして閲覧できる機能が実装されました。 YouTubeの動画再生中に右 ...

続きを見る

 

YouTubeの広告動画はブロックしていいのか

最後に、「ユーチューブの動画をクリックしていいのか」を考えてみたいと思います。

結論としては、「ブロックすること自体は全く問題ない」ですが、「デメリットは最終的に視聴者に返ってくる」ということになりそうです。

 

YouTubeのビジネスモデルは企業などが出稿する動画広告が収益の大部分で、その一部をYouTuber(動画投稿主)に配分しているビジネスモデルです。そして、その収益は基本的に「動画広告が見られること/動画広告でで操作(クリック)されること」のため、それがなくなったらユーチューバーの活動原資やモチベーションの低下につながるでしょう。動画更新頻度や品質が落ちて損をするのは、回りまわって視聴者です。

広告出稿者・YouTube(Google)・YouTuber・視聴者それぞれでYouTubeは成り立っているので、たまには動画広告をブロックせずに見ても良いのではないでしょうか。

Fair AdBlockerにはカットする広告の比率を決められるので、この比率を低くすれば設定した割合で広告が表示されるようにもできます。

 

とは言え、YouTubeの規模を考えると、数万人程度がブロックしたところで影響軽微なレベルでしょう。

私たちも節度のある行動を心がけたいですね(もちろん、YouTubeもクリエイターも)。

-暮らしのノウハウ
-, ,

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2018 All Rights Reserved.