Webサービス

価格が違う!YouTube PremiumはiPhone(iOS)のアプリ以外から登録しましょう

更新日:

YouTube(ユーチューブ)

 

ついに日本でも YouTube Premium(ユーチューブ・プレミアム)のサービスが開始されました。

 

なぜか「広告なし」が喧伝されていますが、個人的には「バックグラウンド再生」と「オフライン再生」のほうが嬉しいサービスです。

YouTubeプレミアムのサービス内容

今回の「広告なし」とは違いますが、「動画広告をスキップ」だけならプレミアム登録しなくても実現できるので、目的が広告ブロックの人は下記の記事を参考にしてください(PCかつGoogle Chromeを使用する場合)。

YouTube(ユーチューブ)
PCブラウザでYouTubeの動画広告を表示しない(スキップする)方法

続きを見る

 

あと、一番重要な点として、「iOS(iPhone / iPad)のYouTubeアプリから登録すると月額料金が高い」という注意点があります。

今回は、この 「iOSアプリ」と「それ以外(Android版YouTubeアプリやブラウザ)」のアクセスによる価格の違いについて調べてみました。

iPhone / iPad(iOS)のアプリのみ月額料金が異なります

まず結論ですが、今回の YouTube Premium の月額料金は「iOSのYouTubeアプリのみ高い」という設定になっています。

iOSのYouTubeアプリの月額料金

ただ、これは価格設定で Google が Apple製品ユーザーを不利に扱おうとしている訳ではなさそうです。

iOSとAndroidでスマホOSの覇権を争っていますが、Googleは多額の費用を払ってSafariの標準検索エンジンをGoogleにするなど、GoogleとAppleはライバルでもありパートナーでもあります。こんなつまらないところで火種を作らないでしょう。

OS / デバイス・チャネルごとの価格について

次に、OS(PCはデバイス)とチャネルごとの有料メンバーシップ価格を並べてみました。

OS / デバイスチャネル価格
iOSYouTubeアプリ月額 1,550円
Safari(ブラウザ)月額 1,180円
AndroidYouTubeアプリ月額 1,180円
Chrome(ブラウザ)月額 1,180円
PCブラウザ月額 1,180円

 

これを見ると明らかなように、iOSのYouTubeアプリだけがAppleプラットフォームの料金分だけ上乗せされているに見えます。

支払方法による料金の違いというのは珍しくありません。ニコニコ動画のプレミアム会員もApple ID決済だと720円(クレジットカード決済は540円)だったりします。

クレジットカードの場合、クレジットカードの決済手数料を料金に上乗せするのは加盟店契約で禁止されていますが、Appleの決済は手数料の価格転嫁については厳しくないのかも知れませんね。

 

価格の違いは Appleプラットフォームに原因がありそう

アプリ内課金あり・月額課金のiOSアプリに携わったことのある人なら知っている内容ですが、iOSアプリの決済はAppleのプラットフォーム上で行なうことが原則となっています。

そして、その決済に対してはプラットフォーマーの Apple が手数料を徴収していて、その手数料率は初年度30%(!)という非常に高い料率となっています。1,000円の月額課金(自動更新サブスクリプション)に対して300円を手数料として徴収するわけです。

Apple Storeの継続課金の手数料

 

その利用者の課金が2年目以降になるとAppleへの手数料は15%まで減額されますが、それでも高いと個人的には感じてしまいますね。デジタルコンテンツとはいえ、15%・30%の手数料は収益インパクトの大きな費用でしょう。

こういう事情があるので、YouTube側はiOSアプリの価格のみ他のチャネルと違うAppleへの手数料を顧客に転嫁した価格設定にしていると思われます。

iOSアプリ向けの月額料金のプライシングについて

ここまでGoogleもといYouTubeに好意的な受け止め方を書いてきましたが、今度は実際に月額1,550円という価格が何に基づくものなのかを確認してみたいと思います。

あと、そもそもの話として、United States(アメリカ合衆国)のYouTube Premiumは月額11.99米ドル(1米ドル=113円換算で1,354円)なので、実は日本の価格は最初から少し良心的であると言えそうです。

 

このような背景を踏まえて、Googleの実質的な収益からiOSの料金設定を考えてみました。

  • iOS 1年目:月額料金 1,550円 - Apple手数料 502円 = 収益 1,048円
  • iOS 2年目:月額料金 1,550円 - Apple手数料 251円 = 収益 1,299円
  • iOS以外:月額料金 1,180円 - 決済手数料 63円 = 収益 1,116円

※Apple手数料は「1年目30%+税・2年目15%+税」で、iOS以外はクレジットカード決済を前提に加盟店手数料5%としています。

このGoogleの収益が正しければ、iOSの場合は2年目以降の継続課金者が約25%いれば、iOSとiOS以外の利用者との収益が一緒になると考えられそうです。

小難しく考えず、iOS以外の料金 1,180円にAppleの手数料(1年目)30%を加えると 1,534円なので、それに近い料金だという理解でも良いのかも知れませんが…。どこまで考えているのかは、Googleのみぞ知るというところでしょう。

結論は変わらず、プレミアム登録は iOSの YouTubeアプリ以外から

誰が何を言っても、iOSのYouTubeアプリからYouTube Premiumに登録するメリットはありません(Apple IDによる決済が便利だとしても)。

同じスマートフォン・タブレットにあるsafariからYouTubeにアクセスして、そこからGoogleアカウントの決済でプレミアム登録をしましょう。それだけで月額370円安くなります。

safariからYouTube Primeに登録

 

クレジットカードを持てない(持たない)人も、今はVISA・Master・JCBのデビットカードがあるので、国際ブランドのカードを持つことはできます。この手間を惜しんではいけません。

月間370円の違いは年間4,440円の違いになるので、このお金でGoogle Playのコンテンツでも買いましょう。

 

ちなみに、支払には Google Playの残高も使えます。

-Webサービス
-

Copyright© 豊かな暮らしナビ , 2019 All Rights Reserved.